株式会社トップルームの評判・口コミ情報まとめ|1500万円までの投資用ワンルームをメインに提案する実績20年以上の不動産会社

こんにちは!
投資マニアさわです。

本文を始める前に・・・

◆不動産投資で成功したくありませんか?
◆提示価格よりも安く購入したくありませんか?
◆より高値で売却したくありませんか?
◆今保有の物件のキャッシュフローを改善したくないですか?
◆管理形態でお悩みはありませんか?

当てはまる方は私にお任せください!

投資マニアさわ
41歳の投資マニアです。ほったらかしでお金が増える投資が大好物。不動産投資(ワンルームマンションが特に好き)を基盤としています。投資運用総額約6億円。年間手取り家賃収入約800万円。現在IT系コンサルティング企業勤務。過去には金融機関や外資系IT企業に勤務。宮崎県出身。1児の父。

本記事では、一都三県を中心に、100万〜1500万円の投資用ワンルームマンションを提案している「株式会社トップルーム」について詳しく解説します。

同社は賃貸管理も対応しており、実物不動産を活用した税対策・私的年金化のノウハウも発信している様子。同社に興味を持っている方の中には、特にコストを抑えて不動産投資を始めたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、同社の会社概要、口コミ・評判などをもとに、フラットな目線で評価していきます。同社から営業を受けている方や、税対策なども学びたい場合は、ぜひ参考にしてください。

株式会社トップルームとは

Screenshot

参照:toproom

株式会社トップルームは、東京の港区に拠点を構える不動産会社です。2008年創業ですが、代表の村田氏は30年近く不動産業界に従事しているのだそう。

ここではまず、そんな同社の会社概要と事業内容を確認していきましょう。

会社概要

株式会社トップルームの会社概要は以下のとおりです。

商号 株式会社トップルーム
所在地 〒106-0032
東京都港区六本木7-18-6 六本木グランドール2F
連絡先 TEL:03-5771-0711
FAX:03-5771-0733
設立 平成20年(2008年)11月18日
資本金 2,000万円
代表者 村田 健太郎
主要業務 不動産の売買、仲介及び賃貸並びに管理
不動産に関するコンサルティング
建築の設計、施工
建物のリフォーム及びハウスクリーニング
損害保険代理業
登録免許 宅地建物取引業者免許 東京都知事(4)87371号
賃貸住宅管理業者登録番号 国土交通大臣(1)第006899号
加盟団体 社団法人全日本不動産協会
公益社団法人不動産保証協会
公益財団法人東日本不動産流通機構

主な事業内容

株式会社トップルームが手がける事業内容は、以下の通りです。

  • 不動産売買・賃貸仲介
  • 賃貸管理
  • 不動産コンサルティング など

不動産売買・賃貸仲介の両方を手がけており、集金代行やクレーム対応といった賃貸管理業務も自社で対応しているとのこと。業務内容自体は比較的シンプルな印象ですが、不動産投資を行ううえで大きな不足はないように思います。

株式会社トップルームの4つの強みや特徴

株式会社トップルームの特徴は、以下の4つです。

  1. 一都三県の物件を中心に提案している
  2. 1500万円までの投資用ワンルームを中心に扱う
  3. 賃貸管理も依頼できる

それぞれ見ていきましょう。

1.一都三県の物件を中心に提案している

株式会社トップルームは、一都三県をメインに物件を提案しているようです。実際にポータルサイトを見たところ、東京と神奈川主要都市の不動産が多い印象でした。

Screenshot

参照:athome

なかには岩手県の区分マンションなども見受けられたので、厳密に対応エリアを制限しているわけではないようです。

同社は東京に拠点を構える業者ですから、遠方の物件をどのように調査・案内しているのかは気になります。地方の不動産に興味がある場合は、具体的な内見対応の流れなどを聞いてみても良いかもしれません。

出口戦略や賃貸需要を考慮すると、やはり東京都内をはじめとした人口豊富なエリアが手堅いです。同社の提案内容が、そのあたりも加味したものとなっているか、慎重に話を聞きましょう。

2.1500万円までの投資用ワンルームを中心に扱う

株式会社トップルームは、100万〜1500万円の投資用ワンルームをメインに扱っているとしています。執筆時点で確認したところ、2000万円程度の物件が1件ありましたが、それ以外は同社の謳い文句通りでした。

全体的にオーナーチェンジ物件が多く、なかには荻窪駅徒歩6分などの物件もあるようです。オーナーチェンジ物件は購入後すぐに家賃収入を得られる点が強みですが、実際に検討する場合は、「元オーナーが手放す理由」をよく調査する必要があります。

そのまま持っていれば確実に収入が得られる物件を手放すということは、何かしらの問題を抱えている可能性があるからです。オーナーチェンジの場合は、物件の中身も見れませんしね。

資産整理などの健全な理由なら問題ありませんが、住民トラブルや建物の瑕疵なども気をつけたいところです。

同社の提案が魅力的だったとしても、鵜呑みにせず疑う姿勢をもちましょう。不動産会社は物件を売るのが目的ですから、良く見せようとするのは当然です。投資家はそれを信じ切るのではなく、自分の頭で判断しなければいけません。

投資マニアさわにLINEしてもらえれば、その他の注意点も詳しく伝えますよ。

3.賃貸管理も依頼できる

株式会社トップルームは、自社で賃貸管理も手がけています。

委託できる業務内容は以下のとおりです。

  • 日常業務:クレーム対応、修理、各種証明書の代理発行など
  • 新規募集:入居者募集・審査など
  • 契約業務:各種契約書作成、契約時の説明など
  • 賃貸契約更新業務:火災保険手続き、更新契約書の作成・説明など
  • 滞納督促業務:滞納者への督促や集金

そして、下表が具体的な手数料の内訳となっており、初回業務委託料、管理手数料や立会いの費用は無料とのことでした。

集金代行プラン
業務委託料(初回) なし
管理手数料 無料で入金管理
賃貸契約更新料 業者に50%
賃料支払日 翌月分を当月末日
敷金預かり オーナー
礼金取得 オーナー
滞納保証 あり
更新業務 あり
クレーム対応 あり

通常、管理手数料は家賃の5%ほどが相場ですが、表のとおりだとすれば同社は更新手数料しか徴収していないことになります。

その他の部分でオプション料金などが発生する可能性もあるので、事前に料金形態はしっかり確認しておきましょう。

生命保険代わりと言われたら要注意

不動産会社の中には「生命保険代わりになる」「保険料を圧縮できる」などと謳って不動産投資を勧める会社がありますが、これには注意が必要です。

不動産を購入する際はローンを組むのが一般的であり、このときあわせて団信(団体信用生命保険)に加入することから、「ローン返済中に万が一のことがあっても安心=生命保険代わりになる」、とアピールしているわけです。

団信が生命保険の役割を果たすことは確かです。しかし団信がカバーするのはあくまでも生命保険が担う役割の一部。さらに、保障が得られると言ってもそれはあくまでも物件を所有している間だけです。

こうした理由から、団信に加入するからといって安易に生命保険を解約するのはおすすめできません。

不動産投資の目的は、あくまでも不動産によって利益を得ることです。投資本来の目的から逸れる部分で判断せず、しっかり物件選定しましょう。

これは「生命保険代わり」に限った話ではなく、「節税対策」や「年金代わり」といったセールストークも基本的に同様です。もしもこのような内容で不動産を提案された場合は相談してくださいね。

こちらのページにこれまでの投資実績を掲載しているので、あわせてチェックしてみてください。

株式会社トップルームのクチコミ・評判

株式会社トップルームをリサーチしたところ、具体的なサービスに言及するような参考になる口コミは確認できませんでした。

同社の実態を知りたい場合は、実際の営業対応なども踏まえ、総合的に判断しましょう。

株式会社トップルームについてよくある質問

株式会社トップルームについて、よくある質問を抜粋しました。

株式会社トップルームが扱う物件の価格帯は?

公式サイトによると、100万〜1500万円の投資用ワンルームマンションを扱っているようです。2024年6月時点では、2000万円台の物件が1つありましたが、その他は確かに謳い文句通りの価格帯でした。

どんなエリアに対応しているの?

株式会社トップルームは、東京、千葉、神奈川、埼玉の一都三県を中心に対応しているとのこと。

販売物件の中には地方の不動産も見受けられたので、厳密にエリアを定めているわけではなさそうです。

リフォームは依頼できるの?

公式サイトではリフォームについて言及されていますが、施工事例や詳しい料金などは記載されていませんでした。詳細が気になる方は、営業に確認してみると良いでしょう。

株式会社トップルームのまとめ

今回は、株式会社トップルームの企業情報、サービスの特徴、クチコミ・評判などについて解説しました。

同社は一都三県に対応しており、100万〜1500万円の投資用ワンルームマンションをメインに提案しているようです。節税ノウハウなども学べるので、興味のある方は目を通してみてもよいでしょう。

また、同社の販売物件はオーナーチェンジ物件が多いですが、購入したい場合は、元オーナーが手放した理由をしっかり調査したうえで、慎重に検討しましょう。

同社は参考になる口コミが少ないので、実態を知るには直接問い合わせるほかありません。もし営業と話すのが不安なら、投資マニアに連絡してください。本記事より詳しく見解を伝えます。こちらのページに私の実績などを掲載しているので、ぜひ読んでみてください。