株式会社デュアルタップの評判・口コミ情報まとめ|自社ブランドマンション開発や賃貸管理・海外事業も手がける総合不動産会社

こんにちは!
投資マニアさわです。

本文を始める前に・・・

◆不動産投資で成功したくありませんか?
◆提示価格よりも安く購入したくありませんか?
◆より高値で売却したくありませんか?
◆今保有の物件のキャッシュフローを改善したくないですか?
◆管理形態でお悩みはありませんか?

当てはまる方は私にお任せください!

投資マニアさわ
41歳の投資マニアです。ほったらかしでお金が増える投資が大好物。不動産投資(ワンルームマンションが特に好き)を基盤としています。投資運用総額約6億円。年間手取り家賃収入約800万円。現在IT系コンサルティング企業勤務。過去には金融機関や外資系IT企業に勤務。宮崎県出身。1児の父。

今回は、東京の日本橋を拠点に不動産事業を展開する「株式会社デュアルタップ」の特徴や企業概要、口コミ・評判を解説します。

同社は自社ブランドマンション「XEBEC(ジーベック)」の開発・販売をメインに手がけており、賃貸管理も対応しています。東京23区を中心に不動産仲介も行なっているそうなので、同社に興味を持つ方も多いでしょう。

そこで本記事では、同社の事業内容や口コミなどをもとに、フラットな目線から解説していきます。ジーベックシリーズに興味を持っている方や、すでに同社から営業を受けている方は、ぜひ参考にしてください。

株式会社デュアルタップとは

参照:dualtap

株式会社デュアルタップは約20年の実績を持つ不動産会社であり、グループ会社と連携して幅広い業務を手がけているようです。

東証に上場しており、グループ全体における組織規模は決して小さくないものと思われます。

ここからは、そんな同社の会社概要と事業内容をより詳細に確認していきましょう。

会社概要

株式会社デュアルタップの会社概要は​​以下のとおりです。

会社名 株式会社デュアルタップ (Dualtap Co.,Ltd.)
所在地 〒103-0005
東京都中央区日本橋久松町4-7
電話番号 TEL:03-6849-0055
FAX:03-6849-0050
設立 2006年8月
資本金 217,457千円(2023年6月30日)
代表者 臼井 貴弘
事業内容 不動産企画・開発事業
不動産分譲事業
賃貸管理事業
建物管理事業
海外事業
損害保険代理店業務
免許登録許可 宅地建物取引業【東京都知事(4)第86482号】
賃貸住宅管理業【国土交通大臣(2)第001828号】
一級建築士事務所【東京都知事 第60472号】
プライバシーマーク【第25000180号】
提携金融機関 イオン住宅ローンサービス株式会社
オリックス銀行
株式会社クレディセゾン
株式会社ジャックス
ダイヤモンドアセットファイナンス株式会社
東京スター銀行
東日本銀行
楽天銀行
(五十音順)
主要取引銀行 みずほ銀行
関西みらい銀行
SBJ銀行
山梨中央銀行
群馬銀行
千葉興業銀行
きらぼし銀行
東京シティ信用金庫
武蔵野銀行
りそな銀行
(順不同)
加盟団体 公益社団法人全日本不動産協会会員
公益社団法人不動産保証協会会員
一般社団法人東京都不動産協会会員
一般社団法人全国住宅産業協会会員
住宅保証機構株式会社
株式会社日本住宅保証検査機構
公益財団法人日本賃貸住宅管理協会
全国賃貸管理ビジネス協会
公益社団法人警視庁管内特殊暴力防止対策連合会
グループ会社 株式会社Dualtap International
Dualtap Building Management Sdn. Bhd.(マレーシア)
株式会社デュアルタップコミュニティ
株式会社建物管理サービス
会社HP https://www.dualtap.co.jp/

主な事業内容

株式会社デュアルタップの主な事業内容は以下のとおりです。

  • 不動産企画・開発
  • 不動産販売
  • 不動産仲介
  • 賃貸管理 など

同社は自社ブランドマンションの開発・販売を主軸に、一般流通物件の仲介も行なっているとのこと。グループ全体で建物管理や海外不動産も手がけているなど、事業規模は比較的幅広い印象です。

賃貸管理も依頼できるそうですが、サブリースを提供している点には少し気をつけてください。オーナーにとっては非常にリスキーな契約形態なので、必ず一般的な管理業務に留めておく必要があります。詳しい理由については後で見ていきましょう。

株式会社デュアルタップの4つの強みや特徴

株式会社デュアルタップの特徴としては、以下の4つが挙げられます。

  1. 自社ブランドマンション「XEBEC」を展開している
  2. 2種類の賃貸管理プランを選べる
  3. 一般流通の不動産仲介も手がけている
  4. グループ全体で海外不動産事業を展開している

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.自社ブランドマンション「XEBEC」を展開している

株式会社デュアルタップは、「東京都心」かつ「最寄駅から徒歩10以内」にエリアを絞り、自社ブランドの都心型ワンルームマンション「XEBEC(ジーベック)シリーズ」を展開しているとのこと。

実際に販売物件を見たところ、いずれも賃貸需要が見込める駅近で、棟数も豊富な印象でした。

参照:dualtap

同社は設備や仕様、設計にもこだわり、施工品質に関しては管理者と連携してチェックするなどして、クオリティを担保しているとのこと。同社はこの体制を「デュアルタップクオリティ」と自称し、強みとして謳っていました。

なお、自社販売のため、仲介手数料が発生しない点をアピールされる可能性もありますが、この点については用心しましょう。自社販売では販売価格に利益をいくらでも上乗せできるので、手数料がかからないからといって得になるとは限りません。必ず周辺相場と比較し、適正価格を見極めたうえで検討しましょう。

同社に限った話ではありませんが、営業の提案を鵜呑みにするのはおすすめできません。彼らの目的は詰まるところ自社の利益です。売るために利点を強調するのは当然なので、常に疑う姿勢を持っておく必要があります。

もし自分だけで判断できなければ、わたし投資マニアさわにLINEしてもらえれば、フラットな目線から見解を伝えますよ。

2.2種類の賃貸管理プランを選べる

株式会社デュアルタップは、賃貸管理にも対応しています。具体的な業務は以下の通りであり、「管理業務代行システム」を契約することで同社に委託できるようでした。

  • 家賃管理:集金代行を始めとする家賃に関する業務
  • 契約管理:入退去・クレーム対応など
  • 23時間365日のサポート

加えて、同社は「家賃保証システム」も提供しているようです。こちらはたとえ空室であっても家賃収入が得られるメリットがありますが、結論から言うと決しておすすめすることはできません。

というのも、家賃保証は不動産会社を借主として賃貸契約を結ぶ仕組みであり、これを悪用して下記のような横暴を働く業者も少なくないのです。

  • 突然大幅に家賃を減額された
  • 委託している業者にしか売却できない
  • 実質的に解約できない契約を結ばされた

同社をリサーチしたところ、家賃保証に関する悪評は見受けられませんでした。ただ、家賃保証自体がオーナーにとって非常にリスキーなので、もし勧められても、必ず管理業務代行システムを選ぶようにしましょう。

3.一般流通の不動産仲介も手がけている

株式会社デュアルタップは自社ブランドマンションだけでなく、一般流通の不動産仲介も行なっているようです。

売買・賃貸のどちらかは明言されていませんが、事務所や店舗などをメインに扱っているそうなので、ジーベックシリーズ以外の物件も検討したい方には役立つかもしれません。

ただし、一般流通の物件に関しては、具体的な販売実績や対応エリアが明言されていませんでした。賃貸需要の高い不動産を手に入れるためには、物件周辺の人口やアクセス性も重要なポイントですから、事前に必ず確認しましょう。

取り回しやすさを考えるとコンパクトなワンルームマンションが手を出しやすいですが、ワンルームマンションの自社ブランドを持つ同社が、自社ブランド以外のコンパクトマンションを取り扱っているかは判断できませんでした。気になる方は、その点についても問い合わせてみてください。

4.グループ全体で海外不動産事業を展開している

株式会社デュアルタップのグループ会社「Dualtap International」は、バンコクやマレーシアを始めとする海外不動産を扱っているようです。

参照:dualtap

売買・賃貸物件の両方を手がけており、不動産コンサルティングだけでなく、日本企業の海外進出サポートや留学支援など、多角的に事業を展開しているとのことでした。

また、「Dualtap Building Management」では、高級コンドミニアムと商業施設に特化して建物管理を手がけているそうです。海外不動産に関する業務を包括的にカバーしている印象なので、興味がある方は営業に問い合わせてみると良いかもしれません。

もし利用するとしても、自身に知識がない状態で運用を丸投げするのは危険です。海外の事情や法令がわからなければ、水面下で物件が負債化し、オーナーが気づいたころには手遅れ、となるリスクも考えられます。慎重に判断しましょう。

生命保険代わりと言われたら要注意

不動産会社の中には「生命保険代わりになる」「保険料を圧縮できる」などと謳って不動産投資を勧める会社がありますが、これには注意が必要です。

不動産を購入する際はローンを組むのが一般的であり、このときあわせて団信(団体信用生命保険)に加入することから、「ローン返済中に万が一のことがあっても安心=生命保険代わりになる」、とアピールしているわけです。

団信が生命保険の役割を果たすことは確かです。しかし団信がカバーするのはあくまでも生命保険が担う役割の一部。さらに、保障が得られると言ってもそれはあくまでも物件を所有している間だけです。

こうした理由から、団信に加入するからといって安易に生命保険を解約するのはおすすめできません。

不動産投資の目的は、あくまでも不動産によって利益を得ることです。投資本来の目的から逸れる部分で判断せず、しっかり物件選定しましょう。

これは「生命保険代わり」に限った話ではなく、「節税対策」や「年金代わり」といったセールストークも基本的に同様です。もしもこのような内容で不動産を提案された場合は相談してくださいね。

こちらのページにこれまでの投資実績を掲載しているので、あわせてチェックしてみてください。

株式会社デュアルタップのクチコミ・評判

株式会社デュアルタップをリサーチしたところ、参考になりそうな口コミは見受けられませんでした。

2006年設立とそれなりに歴史ある企業でここまで口コミが少ないのも気になりますが、極端に悪い口コミが目立つよりは信頼感があると言えるかもしれません。

同社のサービス品質を判断したい場合は、実際の営業トークをもとに、総合的に判断してみてください。

株式会社デュアルタップについてよくある質問

ここからは、株式会社デュアルタップに関するよくある質問を紹介していきます。

リノベーションにも対応しているの?

同社は、コロナショックを皮切りに高まっている、低コストで快適な居住空間を求める顧客層のニーズに対応するため、2024年からリノベーション再販事業をスタートしたとのことです。

株式会社デュアルタップのスタッフはチェックできる?

公式サイトの社員紹介ページには、5名のスタッフが掲載されています。それぞれの担当業務やポリシーが確認できるので、同社を検討している場合は読んでおくと良いでしょう。

建物管理は依頼できるの?

グループ会社の「株式会社デュアルタップコミュニティ」が建物管理を担っています。

  • 管理組合運営
  • メンテナンス
  • 会計・出納業務
  • 支払い対応
  • 維持保全

具体的な業務は上記の通りであり、単なるメンテナンスだけでなく、運営面でもサポートが受けられるようです。

株式会社デュアルタップのまとめ

本記事では、株式会社デュアルタップの特徴や口コミ、提供しているサービスの内容などを詳しく解説しました。

同社は東京23区を中心に自社ブランドマンション「XEBEC」を開発・販売しており、グループとしては海外不動産事業なども展開しているようです。一般流通の店舗・事務所なども仲介しているので、幅広い選択肢を求める方には役立つかもしれません。

同社は賃貸管理も依頼できますが、家賃保証を提供している点は要注意。オーナーにとっては不利でしかない仕組みなので、必ず管理業務代行システムを選びましょう。

同社は参考になる口コミがないため、より詳しくサービスの実態を知るには直接問い合わせる他ありません。もし営業と話すことに不安を感じるなら、わたしに連絡してもらえれば、忖度抜きの見解を伝えます。こちらのページに投資実績を掲載しているので、合わせて読んでみてください。